読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いったりきたり日記

最近移動も多く、ものわすれもひどいのであったこと感じたことを忘れないようになるべくまめに書きたいと思いますが、そううまくは続かないと思います。

子連れ旅でも起きて15分で出発できる! 便利グッズ<2>衣類/パッキング編

今回の旅では、子供に負担をかけたくなかったので、旅程的には無理せず、
 
・移動日は3-4日に1回まで
 *1つの町にできれば1週間、なるべく3-4日は滞在する。
・移動は1回3時間程度
 *飛行機はチェックインなど、結局待ち時間が多くなるのでなるべく使わない。
 
というルールでやっています。出発する前は、どのくらいの負担がかかるかわからなかったので、このペースも出発してしばらくしてからわかってきたのですが、これくらいだと家族も楽しく過ごせています。
 
ということで、服はだいたい3日に1日くらいは洗濯できるとして、家族4人×3日分くらいの服をどう選んで、どうパッキングするか、ということを考えました。
 
また、今回は料理関係の取材旅行、という性質上、ミシュラン星つきのレストランに行ったり(子連れなので、だいたいキッズOKなランチの時間帯ですが)、多少はオフィス訪問もあったりする、ということで、ジャケットなども必要だったりもします。ついでにいうと、ニューヨークは大寒波でマイナス10度、みたいなこともあったので、完全防備の冬服も必要、ということで、そろえると4人分の服って、はんぱないボリューム。今回の旅行に出る前に1度予行演習をしたのですが、そのときは服だけで大型トランク1つ分が埋まってしまいました。こりゃ、あかん。
バッグ編で述べたように、モノを減らしながら快適に過ごす、という条件を満たすために何種類も服とパッキングの方法を試しました。
 
衣類のパッキングは「床おき」じゃなくてハンガーラックで
 
衣類の量もさることながら、今までの旅行で一番気になっていたのは「服の置き方」。服をきちきちに詰め込んだバッグから服を取り出して、またしまって、というのはかなり面倒くさいし、だからといって旅行中の宿泊先にいいクローゼットがあるとも限らない。あったとしてもまた出発するときに詰め直さないといけないし。結局床においたキャリーバッグの中に服が乱雑な状態で詰め込まれている、というのがこれまでの状況でした。だが、子連れ旅ではこれは致命傷。ただでさえ出発の準備が大変なのに服を畳んだりまた出したり、みたいことをやっているうちに子供どっかいったりおもらししたりしてまた服を出して(無限ループ)
 
というので色々調べた結果、今回の旅のパッキンググッズで一番ヒットだったのはこのハンガーラック!
 
 
これですべての服がニューヨークの狭い宿でも、

 
フランスの素敵な部屋にも、

すっきり収まります。
 
また、なんといっても便利なのはパッキング。上のamazonの画像にもありますが、クローゼットからはずしてそのままキャリーバッグへ。所要時間10秒。2つあるキャリーバッグの内、1つは服専用にしちゃいます。今回、この仕組みをつくるためにamazonやらディノスやらでハンガーラックをいくつか買って、さらにはアウトドア用の「干し網」ってのが使えるんじゃ!?と興奮して買ったりしましたが、最終的には今回紹介したこれが容量、軽量性、収納のしやすさでベストでした。
 
ちなみに、もう1つのキャリーバッグには、写真の上のほうにあるベージュのボックスと、バスルームにおいてある洗面用具が入っているハンガーケースをぽんぽんと突っ込むだけ。ベージュのケースは100円ショップで買った漫画の単行本用の不織布ケースを使っていて、それぞれ電化製品や薬などが入っています。
これも収納力があって机などにおいたときに自立するし(自立しない袋などは机においたときに広がってしまうので不便です)上部が透明になっていて中身がすぐ確認できるので重宝しています。その割に不織布を使っているのでキャリーバッグに入れたときに余計なボリュームをとらないのもいいところです。
 
このハンガーラック+機能別の不織布ケースのおかげで、チェックアウトの日の朝でも15分前から準備を始めれば余裕で出発できるようになりました。これまでの旅行では移動日の前日は多少パッキングを気にしたりしていてそれが移動のストレスにつながっていましたが、これで心理的にほんとに楽になりました。
 
ちなみに、ハンガーラックにはシワになるような服をそのままどさっといれるわけにはいけないのですが、そもそも長い旅行には、シワになる服をもっていかないようにしたほうがええですね。ということも踏まえて、では服や防寒具のおすすめもいくつか。
 
●オトナ用1 ニット素材のジャケット

 ネットに入れれば洗濯機でも洗える。ユニクロのも買いましたが、ちょっとぺらぺらでした。こちらは普段からオフィスで使っていますが、やっぱり値段がそこそこなだけあってユニクロよりはそこそこ良い。

 
●オトナ用2 ユニクロのジョガーパンツ
 
ジャケット以上に悩んだのが下。パンツ。おなか苦しいんですよ。デブなんで。あと、空港でいちいちベルト外さなきゃいけないのも子連れにはつらい。荷物検査のところが一番修羅場なので。
 
ということで、ノースフェイスのタウン用のラインで襟のついたジャケットと合わせられるシンプルなパンツがあったり、アークテリクスやモンベルも似たようなコンセプトのものを出してたりして、色々試着したんですが、いまいちぴんとこない。どのブランドもさりげなくワンポイント入れてきたリして結局アウトドア用のパンツだってこともばれちゃう。というので、こちらはさっきけなしたユニクロにとってもいいものが売っていたのを最後に発見。
 
 
なにがいいって、すべてのポケットにきっちりジッパーがついているので、スリが心配な地区でも財布やパスポート、スマホを入れておけること。これは他に比較したアウトドアブランドの商品には実はありませんでした。2900円と安いので、耐久性はどうかな、と思いましたが、1か月半着続けて洗濯してもまったく問題ありませんでした。
 
●オトナ用3 モンベルのタイツ
 

 

(モンベル)mont-bell ジオライン M.W.タイツ Women's 1107530 BK ブラック S

(モンベル)mont-bell ジオライン M.W.タイツ Women's 1107530 BK ブラック S

 

 

 一番厚手のメリノウールのものもありましたが、ちょっと生地が分厚すぎたのでこちらに。寒いときに日中着るのと、夜寝るときにハーフパンツと組み合わせてパジャマ代わりにしています。ニューヨークで氷点下までいきましたが、上記のユニクロパンツとこれで大丈夫でした。この冬北陸に通っていたときはユニクロの極暖タイツを使ってたのですが、今回に合わせてこちらを買って大正解。まったくものが違う。動き回ってもまったくずれないし、汗をかいてもべたついた感じがしない。さすがアウトドアブランド。
 
●オトナ用4 コロンビアの防水スニーカー

 

 2か月弱歩き回る、しかも雨も(ひょっとしたら雪も)ありそう。レストランにも行く。ということでごっついブーツではなく、派手なスニーカーでもなく、そこそこきちんとみえて、雨でも気兼ねなくはける靴を随分探しました。これも意外とないんですよね。ナイキやアディダスなどスポーツメーカーのものでジャケットと合わせられるレザースニーカーが出ていて、以前愛用してたんですが、完全防水ではないんですよね。雨が降るとソールから浸みてくる感じがなんともいやな気分でした。かといってアウトドアメーカーのトレッキングシューズはあまりにごっつくてジャケットと一緒に着るにはおかしい。うーん、難しい、と思っていて見つけたのがこれ。コロンビアの防水ミッドカットスニーカーはちょうどよかったです。軽量ではきごこちもOK。ウォータープルーフは天気を気にしなくていいのに加え、ほこりっぽい道を歩いたときも

帰って水でバシャバシャやればすっきりきれいになるのもいいですね。僕はネイビーのものを買いました。妻はブラックを使っていて気に入っているようです。
(ネイビーは今探したらなかったので廃番かもしれない)
  
●オトナ用5 綿のストール
 うちの赤ん坊は食欲がすごいのか、抱っこしてるとよだれがやばい。
(ちょうど離乳食が始まる時期だったんですが、各国のパック離乳食、
野菜、くだものを食べつくしてみるみる太っていってます)
あとなにかしら常に手でいじるのがほしいらしい。
となると首元に巻いておいて
毎回のように洗濯できるコットンのストールみたいなのが
めちゃくちゃ重宝しました。こんな感じの。

 僕は以前バンコクのどこかで買ったものをそのまま今回の旅行に

持ってきていて、なにかいいのがあったら買い換えよう、と思って
各国のマーケットを物色していたら、あった。
イギリスのトットネスのマーケットで
日本人の方がお店を出していてそこで買った
コットンのストールを愛用しています。
 
●その他:ユニクロのオトナ用ダウンベストをベビーカー用毛布と3歳児用ガウンとして
 
コドモ用の服はそもそも小さいので荷物的な負担は少ないんですが、なんかその他の「赤ちゃん回り用品」ってふわふわしてて旅行用として考えると持ち運びに不便なものも多いです。わが家では普段家では、冬用のベビーカーの上にかける毛布として専用のキルティングのものを使っています。これがもこもこかさばる。あと別に寝相悪い3歳児用には寝るときに大きなスリーパーみたいなのを着せていました。
柄は違うけどこんなん。

 これがあれば部屋について「毛布がうすい!」「寝返っておなか出た!」

みたいな事故を防げるのでぜひ持っていきたい。ただ、キルティング素材でめちゃくちゃかさばる。なんとかならないか、と思って思いついたのがこれ。

 
袖がないベストタイプなので毛布としても使えるし、3歳児が寝るときに着るガウンとしても使える。
ただ、袖口が大きすぎて風が通るので、マジックテープで袖口を狭くして使いました。ダウンなので非常にコンパクトになります。
ダウンとしては安いのであかちゃんがよだれでべとべとにしても、まあ笑って許せる。これはかなり活躍しています。
 
ということで便利グッズ衣類編&パッキング編の紹介はここまでです。
 
逆に、今回旅行前も旅行中も探していたけどみつからなかったもの
「こんなんあるよ!」というものがあればぜひ教えていただきたいです。
 
3歳児用の完全防水靴
 
雨、雪にめっちゃ突っ込んでいくのが3歳児、だけど長靴持っていくわけにはいかない!スニーカーが濡れちゃって足を冷やしたら風邪ひいちゃう!ということで、完全防水の靴をかなり探したけど売ってなさそうです。アウトドア系のブランドもトレッキングシューズとかは10センチ代後半からなんですよね。10センチ台前半のはありませんでした。
 
オトナ用のソフト素材腕時計
 
旅行中時間を確認することが多いのでスマホだけじゃなくて腕時計は持っていきたいのですよ。
ただ、いつもつけているメタルバンドの時計は抱っこした赤ん坊にしゃぶられる、急いでる時に顔を傷つけたら大変、
あと空港のセキュリティではずさないといけない、などなど無理だなあと思っていました。
バンドの時計も結局文字盤のところはメタルだし。ということですべてソフトな素材で視認性もよく、でもそれなりにかっこいい、みたいな時計はないかなー、と思ってましたが、みつからず。。スウォッチじゃかっこわるいし。
ということで、なんか新宿のヨドバシで「訪日外国人人気No.1!!」って書いてあった「チープカシオ」を使ってます。
 
 

 

使ってみたら樹脂製で軽くて視認性もよくて、超便利!!!
空港のセキュリティも素通り!
amazonの評価もめっちゃ高いですね。たしかにこれで1000円以下はお買い得。
だけど、まあ、いいおっさんがつけるにしてはちょっと寂しい感じもある。
別に高級じゃなくてもいいけど、もうちょい、なんか遊び心がほしいんですよね。