読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いったりきたり日記

最近移動も多く、ものわすれもひどいのであったこと感じたことを忘れないようになるべくまめに書きたいと思いますが、そううまくは続かないと思います。

サン・セバスチャン(San Sebastián)のすごさを実感しに

昨日から娘が軽い風邪をひいて今日は1日休養日。
でももう治りかけてよく寝ています。ほんとに元気。
妻は下の子を連れて取材(という名の食事)に出かけたので、
久々の、ひさびさの、なんか1人で自由にしていい数時間!
(外には行けないけど)

 

ということで、まったく色々追いついていませんが
イギリス編はいつの間にか終了し、
2日前からスペインはバスク地方に来ました。
そう、サン・セバスチャンです。

 

 

 
ここらへん。
 
人口は20万人弱くらいの小都市なんですが、
6-7年くらい前に高城剛の本で読んで以来、
(みんな伝説のハイパーメディアクリエイター高城剛ファンであることを
 恥ずかしがる人が多いし、僕もそうだったんだけど、やめました。ファンです)
めっちゃ来たかったんです。
 
サン・セバスチャンについて言われていることをまとめると、、
 
・海の幸、山の幸両方に恵まれた地の利
 
・封建的な徒弟制度を嫌った腕のいい料理人たちが
 フランスから流れてきて切磋琢磨している
 
・地元のおっさんたちが
 料理を自分たちでつくって楽しむ「美食倶楽部」といわれる会
 をたくさん組織している
 =舌が肥えている人がたくさんいて、うまい店に人が入る
 
・ピンチョス(串に刺さった前菜)をバルで食べ歩くスタイル
 
 
結果、この10年くらいで
「人口密度あたりのミシュラン星が世界ダントツ一位の美食都市」
 
として観光客も多くなっているとのこと。
 
別にミシュランの星がどう、ということでもないんですが、
なんか色々面白そうなことが起きている、ということで、
ずっと来たかった町です。
 
日本からだとスペインまでの直行便がないので(こんどできるんですよね、たしか)、
15時間くらいかけて
また国内線に乗らなくてはいけない、というハードル高い感じで、
僕も休みがとれそうな旅に格安航空券のサイトとにらめっこしては
あきらめる、ということを繰り返していました。
ところが、ロンドンからだとeasyjetで隣町のビルバオまで直行便が
あって、なんと片道70ユーロ。2時間。
ああ、ヨーロッパ、狭くていいね。
 
もうそろそろイースター休暇も終わったっぽいですが、
まだまだにぎわっています。
天気が悪いといわれるイギリスも、滞在中は奇跡的に
晴れた日ばかりだったのですが、ここは別格。
 
バル巡りも楽しかったので、またすきをみつけてまとめたいと思います。