いったりきたり日記

最近移動も多く、ものわすれもひどいのであったこと感じたことを忘れないようになるべくまめに書きたいと思いますが、そううまくは続かないと思います。

中身、タグ一覧

記事の中身、タグのリストです。

(まだリンクとか貼ってないところもあります) 

仕事全般について 電通について 内閣府地方創生人材派遣・富山県上市町について / NPO支援について / 相撲・ビーチ相撲について / セミナー・講演関連 / 寄稿関連 / GoodExperienceDesignみつけた / 本や映画などのコンテンツ感想 /うまいもんみっけ旅2017

東京砂漠でパラスポーツ観戦はオアシスだった件

家族で車いすバスケの日本選手権を見に行ってきました。
奥さんが仕事であとから合流だったので
今日は5才児、2才児+ベビーカーに私、でまず出陣。2人はパラスポーツ初観戦。
我が家から飛田給の会場まではなんやかんやで1時間半くらいかかるし、
大規模イベントは急に混んだりするのでちょっと不安だなー、とも
思ってましたが、天気もよかったのでまあのんびりいこうかな、ということで行ってみました。
 
味の素スタジアムがある京王線の「飛田給」駅からこどもの足で徒歩10分くらい。

 
味の素スタジアムの横に新しい屋内施設があります。
 
会場に入るのにチケットはいりません。無料です。結構でっかい会場だけに
「いいのかなー?」という気がしますが、
スポンサーのサントリーのペットボトルを配ってくれたり、三菱電機の方が応援用のポンポンをくれたりします。みた感じ「スタッフ」感がなくて、たぶん社員の方がでてきてくれて自ら手配り。手作り感あふれる感じです。

 
今日土曜日は全国大会の準決勝。明日が決勝。この週末ががおそらく国内の車いすバスケットボールでは一番盛り上がる日ですね。
僕らは準決勝第1試合の宮城MAXと名古屋のワールドバスケットクラブの試合を観戦しました。

 
15:00の試合スタートの30分くらい前には会場につきましたが、
アリーナ席はほぼ埋まっていました。盛り上がってるなー。

でも絶対座れない、というほどではなく、1番前の席をみつけてなんとか着席。

ありがたいなー、と思ったのは、まあ当然ながら場内がかなり綿密にユニバーサル対応していていろんなところにベビーカーで行けるところ。
最近はパラスポーツに限らずどのイベントもそのへんは考慮されていますが、
「あれ?途中まではエレベーターあったのに途中で行き止まりなの?じゃあそもそも最初からエレベーターでつれてくんなよ!」みたいなのが結構あります。
他にも「ああああ、ここはベビーカー畳んで、抱えて、2人がどっかいかないように
口酸っぱくして注意しながらおりゃおりゃーって進んでいかなくちゃならないのう」という場面もあって、精神も体力も削られることを覚悟していくのですが、
この日はさすが、というか、観戦の方も車いすの方が多いだけあって、導線もゆったりつくられているし、なにより「まあ、パラスポーツの大会なんだから大丈夫だろ」という安心感があります。基本みんなやさしいし。あとから関係者にきいたらこの日は特に親子連れが多かったみたいです。
 
ということで、試合開始。
基本的なルールはいわゆる通常のバスケットボールと一緒。
4クオーターで休憩時間も入れると全部でおよそ1時間15分ー20分だったかな。
バスケットボールはとにかくボールがネットにスポンってはいれば点が入るんだよ!
ということで子供も理解しやすかったようで、飽きずに楽しめました。
(ああ、ブログ書くと決めてたらちゃんと写真取るんだった)

車いすの選手たちがちょっと引くくらいの速さで走りまくってがつんがつんぶつかりあうのでこれは当然熱い。僕はバスケットボールはド素人なのですが、他にもいいなあ、と思うことがありました。

まず1つ目はその戦略性。

車いすバスケットボールの選手には各々障害レベルの重い者の順から1.0-4.5の持ち点が定められており、試合中コート上の5人の持ち点の合計が14.0を超えてはなりません。

車いすバスケットボールのルール | JWBF

https://www.jwbf.gr.jp/rule/

とのこと。障害が重い選手は動きに制限があるのでポイントゲッター的に動くのではなく、相手のポイントゲッターを止める動きを主にしたり、途中の選手交代で一気に相手の戦略の裏をかいたり。また、車いすバスケの場合、車いすが相手の動きを止める「壁」の役割も果たすので健常者同士の1on1と違って「すり抜け」が非常にやりにくいです。さらに、(それでもちょっと信じられないくらい素早いのですが)方向展開もしにくい。ゆえに、何手も先を読んだポジションニングをとれることが重要なんだなー、とわかりました。障害の重い選手がこのポジショニングの妙で大活躍してる。今日はそこまで細かくみられませんでしたが、タフながら非常に繊細であろう車いすを選手の特性や戦略にあわせて細かく調整するコート外のメカニックマン的な人の存在も重要なんだろうな、と思えます。どのチームもかつかつの選手数でやっているであろうなか、これらを総合して戦略を考える深さはいわゆる健常者のバスケットボールを上回ることもあるんじゃないかと素人ながら感じました。監督ってどんな人がやってるんだろう。めっちゃ頭がいい人なんだろうな。これ、「ウイイレ」みたいなゲームになったらはまる人続出しそう。

 

2つ目は応援の雰囲気。歴史があるメジャースポーツ、たとえばプロ野球Jリーグなんかはちゃんとした応援団ができていて、ものすごい大人数で、ある意味「様式美」と化した応援をします。車いすバスケも日本選手権の準決勝レベルまで来るチームには大企業のスポンサーがついていて、その社員の方も大勢で応援にきていたりするので大きな声援が送られます。でも、そこまで厳しい応援の「お約束」みたいなのはなくて、ある意味ゆるいし、その分みんな試合をきちんとみて試合の中味をみて、ナイスプレーで歓声があがったり、ため息をついたりするアットホームな一体感がとってもいいな、と思いました。
↓もらったポンポンで応援するのが楽しかったみたい。

去年平昌のパラリンピックに行って、地元韓国と日本のアイスホッケーの試合もみたのですが、そこの会場もとってもアットホームでした。日韓戦ですよ!サッカーなら血走りますよね?「おおおニッポン!ニッポン!」的な歌だったりウェーブだったりで忙しいし。でもパラリンピックでは自分の国のチームを応援しつつも、ちゃんとそれぞれのいいプレーには「すごいねーー」と隣の人と微笑み合いながら拍手する、という雰囲気があった。日本のパラリンピックはどうなるんだろうなあ。あんまり仕切りすぎないでこのアットホームさを残してほしいなあ、と思います。
 
3つ目は試合以外のお楽しみ。
いろんな体験ブースがあって、優しいお兄さんお姉さんが遊んでくれる!

はじめて車いすに乗った5才児。どう思ったんだろうなあ。

シュートは1回目も決まらなかったけど並び直して4周くらいしてたので楽しかったと思われます。

ここの体験会場には(ちょっとお名前は聞けずじまいだったのだけど)パラリンピックの銅メダリストの元選手もきてくださっていて、子供たちにメダルさわらせてくれたりもしました。これもいい思い出になったはず。
 
ということで車いすバスケ、パラスポーツ観戦初心者の方にもとってもおすすめです。
 
ああ、でもせっかくだから1つ。
まったくなんの縁もなく会場にきても選手やチームと自然につながりがつくれる仕組みとかがあればいいなあ。
今日の僕の場合は、うちの会社に4月から車いすバスケの第一人者の藤井郁美選手が正社員として入社!というビッグニュース

dentsudigital.co.jp

があって、当然藤井選手のいる宮城MAXを応援!ということに。面識はなかったですし、車いすバスケの知識もなかったのですがが、みんなでとりあえずは藤井選手に注目して応援してるうちに自然に選手や競技の魅力にとりつかれまして。
でもそういうつながりがなかったりする人もいるわけで。そんな人でも「まあとりあえずこの人に注目してみよう」みたいなことを一旦決めるとそこが入り口になったりするんじゃないかな、と。
そういえば僕はこどもの頃西武ライオンズが大好きで、毎日2時間、ラジオで「ライオンズナイター」を聞きながら寝る、という生活を送ってたんですが、なんでライオンズ好きになったのかなあ、と思いだしてみると、きっかけはたまたま買ってもらった「プロ野球チップス」のおまけのトレーディングカードだったんですよね。ほんとに偶然ライオンズの選手のカードが続けて出てきたのをこどもだから大事に持ってるうちにライオンズファンになったなあ、というのを思い出しました。
ということで、入場者には1枚か2枚ずつ、かっちょいいトレーディングカードを配る、とかだめですかね。その選手の得意技とかも書いてあって。「神速ターン」とか「千手観音ディフェンス」とか。もちろん今風にカードには公式サイトに行って選出のストーリーが詳しくわかるQRコードかなんか刷ってあって、LINEIDとか登録しとくとその選手が次に出る試合とか、練習見学できる日を案内してくれる、みたいな。CRM発想ですね。こんな感じで↓情報配信なども積極的にはじまるようなので

basketballking.jp

最高のコンタクトポイントである会場で、チームや選手とのいい出会いがあるといいな。僕もまたぜひ観に行きたいし、藤井選手以外にもどんな選手がいるのかきっかけがほしいなあ、と思った妄想でした。
 
とにかく、とっても楽しい小半日を過ごしました。
とかく東京でちっちゃい子連れで休日を過ごそうとなると、どこも激混み。電車移動では小柄なうちの娘が立ってると車体が揺れる度にどこかにふっとんでしまうのではないかとひやひやするので、せめて娘だけでも座らせてあげたいなあ、と思っても優先席はスマホに夢中なみなさまに専有されていてなかなか東京砂漠だなあ、と感じます。でも、今日の会場はみんながそっと譲り合うオトナでフレンドリーな雰囲気につつまれていてなんだかほっとしました。東京砂漠の中のオアシスや。 試合のすごさ、この場所にたどりつくまでの選手のストーリーを知るにつけ、自分も勇気をもらいました。がんばらないと。
 
またぜひ車いすバスケにいってみたいし、他のパラスポーツの大会もいってみたいなあと思います。

地方創生の大ベテランイタリアに学ぶ

めちゃなが連休ですね。イタリアに来ています。いまはローマですが、今回は南イタリアの田舎のほう、シチリアとかが中心です。

 

f:id:kagayataku:20190427162819j:image

私自身は割とその日暮らし傾向が強くて、締め切りとかも超追い込まれないとだめなほうなのですが、優秀な妻が半年以上前に航空券を手配しており、イタリア往復のチケットが1人10万円以下でした。今調べたら30万はするそうです。もうそりゃ頭が上がらないですね。神か。

イタリアがここ数年気になって調べていたのですが、イタリアの歴史を超々ざっくりいうと、天下を2回とってるわけですね。一度は文句なくローマ帝国の時代。2回目は政治的軍事的にはまあどうかというところですが文化的にはルネサンス時代。いずれも地中海が世界経済の中心になっていたからこその頂点なわけですが、でもその後は世界の中心が大西洋側に移ってしまい鳴かず飛ばず、というところなのかと思います。ローマ時代に天下とって、ちゃんとキリスト教もとりこんで法王庁もあったからこそのイノベーションのジレンマを2000年間地でいっているというか。

第二次世界大戦ヒトラーにそそのかされて参戦し、一瞬3度めの天下取りの夢をみたものの、うまくいかず、大戦後はヨーロッパのお荷物に、、、ということなのかと。

もちろん文化的な蓄積があり存在感はすごいわけですが、経済的には破綻または破綻寸前をいったりきたりしていて、地方経済でいうと日本が地方創生とか言い出す数十年前から

「もうとりあえず中央政府に頼らず自分たちで地方創生するしかない状態」に陥っていたわけで、日本とは年季が違う感じです。たぶん必死過ぎて地方創生とかいってないし。

という状況の中で地域地域のライフスタイル重視の文化がいやおうなく根付いていて、いくつかは功を奏しているのかな、とこの本を読んで思いました。

 

スローシティ 世界の均質化と闘うイタリアの小さな町 (光文社新書)

スローシティ 世界の均質化と闘うイタリアの小さな町 (光文社新書)

 

 

富山にオープンしたお宿なのですが、街全体でファシリティを確保する分散型の宿泊施設はアルベルゴディフューゾといってイタリアが発祥です。 

今回はここらへんをお勉強してきたいと思います。

ちゃ、ちゃお(恥)。

 

 

 

最先端デジタルガジェットを触って試せる小売店、B8ta(べーた)見てきました。

米国で人気だという小売店、B8taに行ってきました。

「べーた」と読むそうです。かっこええですね。
概要についてはこちらの東洋経済ONLINEの記事がわかりやすいです。

toyokeizai.net

引用しておくと、

「b8ta」(ベータ)は、その名のとおり、製品を販売しながら、ベータテストを店頭で行える画期的な小売店だ。現在、サンフランシスコやニューヨークなど9拠点を構える。
(たぶんいまはもっと増えてます)



整然と並ぶテーブルの上に、動作する製品が1つずつ専用の白い台の上に陳列され、その製品紹介が表示されたタブレットが用意されている。
店員は「いらっしゃいませ」と声こそかけるが、その場を動かず、にこやかに笑いかけるだけ。後から聞くと、こうした店員の所作にも意味があることがわかる。
店内では、置かれている製品に自由に触れて、試すことができる。

で、

「b8taで商品を販売することで、企業は、興味を持った顧客数、気づきを得た顧客数、実際に手に取って試した顧客数、そして販売数の定量的なデータを得ることができます。同時に、店員との会話や顧客からの質問、購入意向、買わない理由は何か、といった定性的なデータを、接客から24時間以内にSlackを通じてメーカーにフィードバックします」

なんだそうです(以上、東洋経済の記事から)。

つまり、メーカーにとっては販売チャネルでもあり、
マーケティング調査の場でもある、ということですね。
以前は販売金額からのコミッションをとっていたそうなのですが、
いまは製品を置く「場所代」をとっているだけとのこと。
よりマーケティング調査の場としての意味合いを強めている、ということなんだと思います。

私はSXSW開催中の平日夕方にオースティンの店舗に行き、
翌週にはサンフランシスコの店舗に行きました。

 オースティンの場合は町の北部に新しく造成された
ショッピングモールと住宅、ホテルが複合した新しい町の一角に
出店しています。

 

1階部分が店舗になっていて上の階が高級マンションになっている
新しい街区。

B8taオースティン店

 

サンフランシスコ店
立地は東京でいう青山骨董通り的なところですかね。
銀座のようにめちゃめちゃメジャーではなくて
おしゃれなブティックとかが立ち並んでいる通りの一角です。

サンフランシスコ店。

 

オースティン店の店内の様子。

 

一番売れ筋だというおしゃれな電動歯ブラシ

 

室内で育てられる葉っぱ。

 

電動スケートボード

 

自動窓拭き。

 

googlehomeやalexa対応商品も数多く展示されていましたが、
かならずしもばりばりのIoT/デジタルデバイスってわけでもないんですよね。
よくもわるくもいろいろあります。

 

 

ちなみに私が一番ほしかったのはこれです。
たぶん電動工具を改造したものだと思うけど、
ものすごい爆音を響かせる強烈なマッサージ器。

 

よかったところ。

まず、店員のお兄さんの説明がわかりやすい。
「これってなんに使うの?」と聞くと
とっても端的に教えてくれる。
これ、メーカーの説明だとなかなか難しいんですよね。
「すっごい説明わかりやすくて助かるわー。
 でも商品の入れ替えがあるから理解するのも大変でしょ?」ってきくと
「まあ大変だけどもともと僕ギークだからこういう
ガジェット結構好きなんだよね」とのこと。
ちなみにお兄さんはテキサス大の院生なんだそうです。

「購入はウェブでね」という仕組み、
かつ、B8taそのものが売上のコミッションをとるビジネスモデルではないので
おそらく店員さんも客に買わせたらその分給料があがる、という仕組みではない
と思います。

その結果、よい意味で説明が「ひとごと感」があって、
なんとなく客観的な気がする。

リアル店舗なのに、「売ることが目的ではない」というていで
店員さんがふるまうはしりはアップルストアの「ジーニアスバー」なのかと
思いますが、
B8taのほうがビジネスモデルのバックボーンがあるので
より信頼できる気がします。

タブレットで表示される概要の説明もシンプルでわかりやすいです。

 

B8taで買うか買わないか。

興味をひかれる商品はたくさんありました。
ただ、口コミは表示されない、
かつ結局お店から直接もって帰ってすぐ使えるわけではないので
B8taのお店にきて即決で買うか、というと買わないと思います。
商品名を覚えておいて、あとから口コミなどもチェックして購買する。
ただ、これまで触れなかった商品を実際にさわって、
店員さんと話しながら理解を深められる、という体験はすばらしいもので、
メーカーにとってオンライン以外にB8taのようなチャネルを持つ意味は
すごくあるな、と思いました。

 

B8taは日本で成功するか

さて、東洋経済のインタビューをみると、B8taは日本での出店にも
興味を示しているようです。
B8ta、東京にもできてほしいなあ、と思いつつも感じるのは、
これ、別に日本の企業がやったらだめなん?ってことです。
来店者の観察にしても、展示方法にしても
特にものすごい技術が使われているわけではないので
真似できるような気もするのです。

たとえばイオンがやることにして
イオンモールのいいところに店舗を出してやればいいじゃない。と。
まあ製品のラインナップ的にはイオンじゃなくて
もうちょっと都心型の、たとえば渋谷で東急がやったらうまくいかないのかしら、と。

 

真似するのは意外と難しい

実は同じようなコンセプトのお店を
アメリカの流通大手の「Target」がやっていました。
サンフランシスコの最中心部、
ユニオンスクエアからも歩いて5分くらいのところにある
大型店舗の1階の1角で最新のIoT機器を展示しています。

「Target Open House」と名付けてすでに2015年ごろから
やってるようですが、
なんでしょうか。ちょっと裏寂れた感じがしました。



おいている商品のラインナップはB8taとほとんどおなじ。

 

ただ、商品説明のディスプレイの反応がいまいちでいちいちフリーズします。

 

店員さんの距離のとりかたも私からしたらいまいちでした。
私は結構熱心にいろいろな製品を触っていたのですが
ほとんど話しかけてこないでぶらぶらしています。
いくつか質問もしてみたのですが、詳しいことはわからないみたいでした。

 

一等地のモールの中にあるので集客は見込めるのでは
ないかと思うのですが、店内は閑古鳥でした。
「Target Open House」をみるにつけ、
B8taの完成度の高さを理解できました。
非常にシンプルに思える商品説明も、
常にメンテナンスしてさくさく動かすのは以外と難しい。
なにより、店員として、ギークでそこそこコミュ力があるお兄さんを
採用して育成するのも大変なのでしょう。

もし日本で展開する場合はB8taがやるにしても、
日本企業がやるにしてもここをやりきれるかどうかが
勝負どころになる気がします。

 

B8taがやるのが有利か日系企業がやるのが有利か

出品する企業側にしてみれば
B8ta側がグローバルに出店を伸ばし続ければ
リアル店舗での製品テストの結果を
グローバルに取得できることになって、
エリアごとにマーケティング戦略を立てるのが楽そうです。

一方、日本の既存流通がやれば、この店舗以外の
購買履歴などもとれるのでターゲットについて
より深い分析ができるかもしれません。

また、オンラインとオフラインを融合した設計が必要で、
場所も必要、人材育成もそこそこ大変なテスト店舗の創設は
外資よりもローカル資本のほうが強みがあるポイントも多いかと思います。
もし日本で独自にやるなら急いでやったほうがいいと思いました。

 

【プラットフォーム時代の新サービス立案・導入 実践事例セミナー】

 
ここ数年、ほとんどの時間を
民間企業の事業開発サポートに充ててるのですが、
(このへんはあんまりいえないことも多いので
 地方にばっかいっている感じですが、
 基本は東京らへんにいます!)
今年に入ってまたクライアントが感じている課題感も、
僕らのやりかたもすごく変わってきていて面白くるしいことが
多いです。こんど、BizZineのセミナーでそのへんの話を
させていただけることになったので、ご興味あるかた
ぜひお越しくださいませ!
セミナー全体としては特にメーカー系の方にスポットを
あてた感じになっているそうなのでメーカーの方はとりわけ!
 

2018.5.25 パラレルキャリアセミナーでお話しします

最近電通のお仕事でもご一緒させていただき
いろいろ展開が楽しみすぎる加藤社長のチームランサーさまに呼んでいただいて、
パラレルキャリア的なセミナーでお話しすることになりました。

私のパラレルキャリアは
お金的なもので「もうけ」ということではないのですが、
そのほかにいろいろ「もうけ」てることがあるなあ、と感じますので
そのへんをお話ししたいと思いますし、
一緒にお話しする方がむしろすごいので話をきくほうが楽しみだったりします。

今事務局の方がつくってくださった概要をあらためて読んでいたら
---------------
なお、イベント当日にはリアルタイムでボードに可視化するグラフィックレコーダーの本園 大介さん、その場の状況に合わせてリアルタイムにサウンドをクリエイションするサウンドファシリテーターatk(安宅晃)さん
http://www.diffusy.com/atkproject)にお越し頂き、コラボレーションを予定しております。
---------------

さうんどふぁしりてーたーー?なんだこれすごい。
少し増席していただいたようなのでお知らせでした。

teamlancer-meetup3.peatix.com

東大の本郷キャンパスで5月祭

まさかこの年で学祭!なんて思いもよりませんでしたし、
そういえば大学生時代はそういうのと無縁で寮でごろごろしていた
気がしますが、
5/19 土曜日は東大の本郷キャンパスで5月祭です。

私の所属するまちづくり大学院も企画発表があります。
ポケモンGOじゃなくてまち大GO的な。
一期後輩の皆さまがすごいがんばってるみたいで
五月祭の「おすすめ企画」になってるみたい。

私はチームで春から研究してきた東京駅丸の内駅前広場に
ついての発表があって、夕方に数分お話しするかと思います。

 

gogatsusai.jp

 

社会人大学院、大変ですが本当に楽しいので雰囲気知りたい方はぜひお越しください。

来月には入試もあります。まあいきなり来月は間に合わないかもしれませんが、
どのくらいのおじさん度なのかとか、そのへんはいってみなきゃわからないし。